世界的な脅威の中で組織のサイバーセキュリティを維持するために

サイバー犯罪は、何年も前からニュースで取り上げられていましたが、ここ数カ月の間にフロリダの浄水場へのランサムウェア攻撃、コロニアルパイプライン、そして今回のKaseyaと脚光を浴びるようになりました。このニュースは、世界中の人々に、サイバーセキュリティを維持するために何をすべきかを考えさせています。自分の組織が次のヘッドラインにならないようにするために、セキュリティスタックに何を含めることができるでしょうか?インフラストラクチャーを強化するためには、インフラストラクチャー全体を壊して交換する必要があるのでしょうか?

続きを読む

Kaseya – 史上最大のMSP攻撃

ITの世界がおかしくなっています。アメリカの独立記念日の週末に、ReVilランサムウェアがリモートモニタリング・マネジメント(RMM)ソフトウェアであるKaseyaへの感染に成功しました。Kaseyaが、世界中で使用されているMSPのトップRMMツールの1つであることを考えると、サプライチェーン攻撃は非常に大きな影響を及ぼしました。現在までに、70社のMSPが影響を受け、世界中で1,500以上の企業がランサムウェアの被害に遭いました。

続きを読む

公共Wi-Fiを安全に利用するために

世界が再び開かれ、旅行がより頻繁になってきています。このこと自体は素晴らしいことですが、公共のWi-Fiを利用する機会も増えています。空港、レストラン、ホテル、会議室などで、自分のデバイスやデータを危険にさらすことなく、公衆無線LANを利用するにはどうすればよいのでしょうか。

続きを読む

法規制だけではサイバー意識は向上しない?

サイバー犯罪者がアメリカの企業や重要部門を継続的に標的にしてきたことを受けて、超党派の下院議員たちがサイバー意識を高めるための法案を提出しました。アメリカのサイバーセキュリティリテラシー法は、米国電気通信情報局(NTIA)にサイバーリテラシーキャンペーンの作成を義務付けるものです。このキャンペーンの目的は、意識を高めることです。意識を高めることで、オンラインで安全に過ごすための方法について、一般の人々の理解が深まります。その結果、サイバー攻撃の成功件数が減少することになります。

続きを読む

MITER D3FEND –サイバーセキュリティ専門家向けの新しいフレームワーク

サイバーセキュリティに特化した組織であるMITREは、先日、最新のフレームワーク「D3FEND」を発表しました。D3FENDは、サイバー犯罪に対する攻撃的なアプローチとして位置づけられています。そのため、MITREの既存のサイバー犯罪行動の知識ベースであるATT&CKに補完的な要素を提供しています。

続きを読む

ゲートウェイ PC社の元幹部が、スーランド地域と固い絆を保つ

ロブ・チェンは、1999年にゲートウェイを退社したとき、まさか自分が国内トップレベルのアンチウイルス・プラットフォームになる会社を立ち上げるとは想像もしていなかった。20年後、スーランドにいるゲートウェイ元幹部も同じく想像していなかった。

ゲートウェイ社の元幹部がスーランド地域との関係を維持しています。PC Maticの創業者でありCEOであるロブ・チェンは、サウスダコタ州ノーススーシティにあるゲートウェイ2000社の初代マーケティング部長として幹部のキャリアをスタートさせ、当時はまだなかった電話で直接顧客にコンピュータを販売する戦術を用いた先駆者でした。チェンが退社する頃には、彼はワールドワイドセールス、マーケティング、サポート担当の上級副社長に昇進し、同社ナンバー3の地位に就いていました。

続きを読む

PC Matic社、サイバーセキュリティ企業のAvanan、Cigent、Strategic Solutionsと共同でサイバーセキュリティ成熟度モデル認証を取得

システムインテグリティと完全なマルウェア対策

本日、サイバーセキュリティ企業であるAvanan社、Cigent社、PC Matic社、Strategic Solutions Unlimited社は、米国国防総省(DoD)によるサイバーセキュリティ成熟度モデル認証(CMMC)を目指す人たちに「ワンストップショップ」を提供するために提携したことを発表しました。

続きを読む