CISA、国防総省、FBIが発行した新しいマルウェアの警告

確立されたマルウェアが復活

以前は中国の国営ハッカーと関連していたマルウェアファミリーであるTaidoor(タイドア)が、一新されました。このマルウェア自体は2008年から使用されていましたが、今週、国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁(DHS CISA)、国防総省のサイバーコマンド(CyberCom)、連邦捜査局(FBI)が新たに警告を発表しました。

続きを読む

PC Maticサポートデスクから最新の詐欺情報

急上昇

今週、私たちのデスクには何が詐欺にあったのでしょうか?PC Maticのカスタマーサポートチームによると、これらが最も多いとのことです。

特に2つの会社で詐欺が発生しています。GarminとNetgearの顧客が、詐欺的なサポートサイトにたどり着いています。さらに、ルーターのサポート詐欺も増加傾向にあります。これら3つはすべて回避可能です。

続きを読む

パスワードチェック

最後に変えたのはいつ?

2020年が半分も過ぎたなんて信じられません。多く人々にとって波乱に満ちた前半となったことは間違いないでしょう。多くのアメリカ人は、まだ仕事をしていないか、パートタイムで働いているか、あるいは在宅勤務の生活に慣れています。そのため、RDP攻撃やフィッシング詐欺が増加しています。

続きを読む

教育に取り組むYouTubeチャンネル

インフォグラフィックス・ショー

このブログやPC Maticでは、教育の必要性について何度も議論しています。教育を受けることで、フィッシング攻撃をより簡単に発見することができます。また、ランサムウェアの最新動向を知ることができます。常に最新の情報を入手することで、私たちはより良い防御を維持することができます。

続きを読む

MAC攻撃、ランサムウェアがMACを含むように進化した経緯

始まり

最初のランサムウェア攻撃「AIDSトロイの木馬」が登場したのは30年以上前のことです。
ハーバード大学の学者であるジョセフ・L・ポップが、1989年の世界保健機関(WHO)のサミットで、代表者に2万枚以上のディスクを配布しました。これらのディスクには「エイズ情報入門用ディスク」というラベルが貼られており、インストールしたマシンが90回目に再起動するまで待機していました。

続きを読む

アメリカ製は超党派です

愛国心は一方的ではない

祖父のマイクは第二次世界大戦の退役軍人でエリー・ラカヴァンナ鉄道で生涯を過ごしました。彼は移民の8人の子供の1人で、非常に愛国心が強く、堅実な民主主義者でした。何よりもマイクはアメリカ人だった。

続きを読む

Windows XP,Vista,7対応 法人版エンドポイントセキュリティ(EPP+EDR) [2020/06/15]

工場、医療現場では、制御装置としてWindowsが採用されていることが多い。マイクロソフトのサポートが切れたWindows XP,Vista,7へ対応する法人版のエンドポイント保護もマイクロソフトのサポート終了と供に対応が終了するのも一般的だ。しかし、PC Matic PROはこうしたサポート切れOSにも対応し続けている。

続きを読む

ランサムウェアに狙われる中小企業

中小企業は免疫がない

TechRepublicは本日、ランサムウェア攻撃の被害にあったケンタッキー州の小さな会社のインタビューを公開しました。インタビューを読んでいると、なんだかシュールな感じがします。最高財務責任者(CFO)はジェイソンと名乗っていますが、アメリカのどの小さな会社にでもいる可能性があります。

続きを読む

マネージドサービスの選び方

自分に合ったプロバイダーを探す

マネージド・サービス・プロバイダ(MSP)の選び方は、車選びと同じようなだと考えてください。頑丈で信頼性が高く、長持ちするものを買うのがいいでしょう。技術は最先端で、安全性は高いものでなければなりません。我々はすべての異なるニーズと好みを持っていますが、それぞれが提供すべき一定の基準があります。

続きを読む