コラム

PC Matic、Kayla Elliottをマーケティング担当副社長に指名

米国サウスカロライナ州マートルビーチに本社を置く、 米国のサイバーセキュリティ企業であるPC Maticは本日、以前はマーケティング担当ディレクターを務めていたKayla Elliottをマーケティング担当副社長に任命したことを発表しました。2015年から同社に勤務していたエリオットは、サイバーセキュリティ市場での足跡を拡大し続けるPC Maticのマーケティング活動とクリエイティブな方向性を牽引します。

続きを読む

急増するZoom荒らし

アメリカ人が在宅勤務をする際の新しい傾向

FBIは、人気のある仮想会議プラットフォームZoomの使用に関する警告を発令しました。
Zoomの長時間使用が増加し続けるているなか、一部のユーザーに、ポルノや暴力的、脅迫的な画像やメッセージが送られてきて会議が中断してしまう被害があると報告しています。

続きを読む

新型コロナ対策として6月末まで法人版を無償提供開始

PC Matic Inc,(本社:米国アイオワ州)は、世界中で感染が広がる新型コロナウイルス(COVID-19)への対策として、企業において緊急的に在宅勤務が広がっていることへ対応し、PC Matic法人版を今年6月末まで台数に関わらず無償提供することを決定致しました。(既存顧客以外の企業様限定)

続きを読む

パスワード付圧縮ファイルとパスワードを別メールは危険

取引先などからパスワードによって解凍できる添付ファイル付きメールと、別メールにてパスワード送信されてきたことはないだろうか。この方法によってファイルを社外へ送信することは。現在弊害しかなく大変危険なので、ただちに利用を廃止するべきである。また、送信してくる取引先には変更要請を行っていただきたい。情報漏洩対策を理由にしてくることも予想されるが情報漏洩対策には、ほとんど貢献していないことを良く考えるべきだ。情報漏洩に適したスマートな別方式のソリューション(G Suite等)が多数存在する。

続きを読む

国家による標的型攻撃ウイルスはリアルタイム防御できない

本日、あるセキュリティ展示会の案内メールで「ディープラーニングを用いたマルウェア対策。未知/既知問わず、様々なファイルタイプのマルウェアをリアルタイムで検知・防御」という聞こえのよい言葉が並んでいました。しかし実際、このようなことを実現するためには量子コンピュータが必要と言われています。

続きを読む

ランサムウェアは検出と応答(EDR)だけの問題ではない

サイバーセキュリティソリューションの大部分は失敗している

多くのサイバーセキュリティベンダーは、サイバーセキュリティ保護に関して誤った方向に向かっています。いまセキュリティの世界で最も人気のあるキーワードは 検出と応答(EDR) です。
サイバーセキュリティベンダーは、既存製品に加え、エンドポイント検出(EDR)をソリューションのひとつとして提供しています。
この考え方は、明確的には悪いものではありません。悪意のある攻撃を見つけて修正する能力を持つことが重要です。ランサムウェアに対処する場合は、重要なポイントのひとつです。

続きを読む

サービスとしてのランサムウェア

ランサムウェア被害

ランサムウェアサービス(RaaS)は想像以上に簡単に購入できます

この投稿を執筆するように頼まれたとき、私はそれが暗くてねじれたウサギの穴を探すようなことになるとは思いもよりませんでした。最新の情報を調査するにつれ、4時間も費やしてやっと理解することがきるようになりました。

続きを読む

ランサムウェアに攻撃されたロス・アルトス学校区

地区によって実施された安全手順、損失の軽減

また別の学校区がランサムウェアで攻撃されてました。 Lost Altos高校学校区は、学校関係者が今年1月29日午前5時30分にメールを利用し添付ファイルを開き、問題が発生しました。 そしてランサムウェアにより一部のパソコンが感染されました。

続きを読む