ミシガン州立大学がハッキングされた

ランサムウェア攻撃には期限がある

ミシガン州立大学(MSU)はある期限に迫られている。今日、Netwalker(ランサムウェアの名前)を放った犯人が、 MSUの管理者に一週間の猶予を与えたと発表しました。MSUはハッキングされたのです。 ハッキングされた MSUの管理者は、金額が公開されていない身代金を支払うか機密データが公開される2択に迫られています。

1855年に開校したミシガン州立大学は、現時点ではキャンパス内の授業はないかもしれませんが、その(仮想的な)壁の中に収容されたデータはまだ脆弱です。攻撃者は、ダークウェブ上で運営するサイトで収集した情報を公開した。さらに、一味は声明を発表しました。MSUが支払いを拒否したり、バックアップから復元しようとすると、彼らの情報はすべて公開されてしまいます。

より良い保護

私たちは自宅から通信する事でデータへのアクセスはこれまで以上に容易になっています。しかしながらテストサンプルでは、ほぼすべてのリモートワーカーが在宅勤務モデルに切り替えた際に、ウイルス対策ソフトが提供されていなかったことが明らかになりました。

今回の侵入経路はまだ明らかにされていませんが、ミシガン州立大学が十分な防御システムを持っていなかったことは明らかです。同大学の学生や教職員は、今後の展開を見守る必要があります。一方、MSUはまだ声明を発表していません。