Windows

Windows10 月例アップデートKB4074588によるキーホード・マウス利用不能、BSOD

1月末日から2月上旬に配信された月例Windows updateでKB4074588を適用すると、Windows 10にて「c:\windows\inf\input.inf」ファイルがなくなる現象が一部機種で発生しているようです。
これにより、USB接続のキーボード、マウスが利用できなくなっています。ノート型パソコンは、PS/2接続のキーボードであるため継続利用可能なこともあります。また、ブルースクリーン状態となることもあるようです。

続きを読む

アンチウイルスが残したServiceにより、パソコンが起動不能になる事例多発中

インテルCPUを中心としたCPUが抱える脆弱性対策として、2018年1月9日よりWindows updateによって配信されているWindowsパッチによって、パソコンが起動不能(BSOD)が多発していることが判明しております。

AMDの特定のCPUによって100%の再現性をもってBSODとなるため、これらのCPU利用者に対してMicrosoftはWindows updateの配信を一時的に中止いたしましたが、それだけではないようです。

続きを読む

PC Matic Pro Server Security

PC Matic PRO/MSP クライアント版に加え、サーバ版が誕生いたしました。

クライアント版のエンドポイント保護機能やEDR機能に加え、Windowsサーバを24時間連続稼働させる企業様のために、Windowsサーバが無反応状態やダウン状態に陥った際に、管理者宛に電子メールを即座に送信します。

続きを読む

28のセキュリティソフト検知率調査結果

2016年 11月、PC Maticの開発・販売元であるPC Pitstop LLCは、ランサムウェアとウイルス検知率に焦点をあて、オーストリアAV-Comparativesに世界各国の著名セキュリティソフト18製品の比較テストを依頼した結果を発表しました。この調査結果は、ランサムウェアのみを検体とした試験として世界で初めて実施されました。

続きを読む

セキュリティソフトを軽く動作させるのは大変

この2,3年で国家諜報機関が作成した標的型ウイルスはますます巧妙になり、犯罪集団や一個人が作成した身代金支払いを要求するランサムウェアが激増という言葉が適切と思われるほど急増しています。ウイルスを作成する関与者と予算が増加していることが背景にあると推測されますが、いままでと同じ人数で脅威の分析をしているセキュリティソフト提供会社のマルウェアリサーチャーにとっては寝る時間も惜しむほどの出来事になっています。 続きを読む

ソフトウェアにも利用可能寿命はあります

自動車を誰かが整備しなければ、長く使い続けることができないのと同様に、パソコンのソフトウェアも開発者が新しい環境に適用させるためにバージョンアップしなければ、いつかは脆弱性などにより利用することができなくなります。

Windowsは高い後方互換性を持っているため、新しいWindowsでも古いWindows用に開発されたアプリケーションを起動させることは可能です。しかし、アプリケーションに内包する古い再配布モジュールやそれに起因する脆弱性、アプリケーション自身に新たに発見された脆弱性などが潜み、利用可能であってもパソコンへ脅威をもたらすものへ徐々に変化してきます。 続きを読む

ページ中の広告を表示するだけでウイルス感染。増加中

インターネットで優れたコンテンツが無料で利用することができるのは、ページに貼られた広告です。しかし、この広告を表示しただけで、パソコンがウイルスに感染してしまうケースが急激に増加しています。広告を配信するアドネットワークは、Flash形式による広告を配信しているものがあります。ページ閲覧者が脆弱性を抱えたままのFlashプレーヤをインストールしたままにしていると、ページを閲覧しただけで、なんのアクションを取らずともパソコンがウイルスに感染してしまいます。情報漏えいだけでなく、ランサムウェアという身代金型のウイルスも確認されています。

続きを読む

MS、Windows 10へ年内にデータ流出防止機能を実装へ

マイクロソフトは、Windows 10を企業で利用している人たち向けとして、「Windows Defender Advanced Threat Protection」との名称でデータ流出を事前に防止する機能をWindows10向けに追加装備するそうです。
Windows Defender Advanced Threat Protection
Windows 10のセキュリティスタック層への新たなサービスとして追加される同機能は、ネットワーク内での感染端末の早期発見と対処方法を促すそうです。
続きを読む