サイバーセキュリティ対策 – 世界はシフトしているのか?

15日前、PC Maticの副社長であるコリー・マンソンが、Secure Anchor ConsultingのCEOであるエリック・コール博士にインタビューし、サイバーセキュリティ対策とアプリケーション・ホワイトリストについて語ったことを記事にしました。 ご存知のように、コール博士が最も懸念していたのは、ランサムウェアの被害に遭った際の恐喝の脅威でした。 覚えていない方、あるいはご存じない方のために説明します。 ランサムウェアの脅威は、データを暗号化してお金を稼ぐという基本的なレベルを超えて進化しています。 ランサムウェアに感染すると、多くのサイバー犯罪者は暗号化されたデータを盗み出します。そして、そのデータをダークウェブ上で公開すると脅して、給料日を確実に迎えようとしています。しかし、最近の報道によると、彼らはその脅しを裏切っているようです。

続きを読む

サイバー攻撃が続けば「本当の銃撃戦」になるかもしれない

最近、私たちが書いた記事をご覧になったことがあるかもしれませんが、「ホワイダニット」理論についてです。食肉加工工場、マネージドサービスプロバイダー、パイプラインなどへの攻撃は誰が行ったのか?様々な説がありますが、その多くはロシアと中国が犯人であると考えられています。

続きを読む

進化するサイバー犯罪には、セキュリティの強化が必要

著名なランサムウェアの攻撃により、サイバー犯罪は一躍脚光を浴びることになったかもしれませんが、一般的な考えとは異なり、ランサムウェアは新しい脅威ではありません。私たちはサイバー犯罪の進化を年々目の当たりにしてきましたが、今はより良いセキュリティを求める時代です。

続きを読む

ロブ・チェン、リズ・キャロウェイとサイバー犯罪を語る

最近注目を集めた攻撃のおかげで、サイバー犯罪は今までにないくらい企業や政府のリーダーの関心を集めています。ロブ・チェンがリズ・キャロウェイ・ショーに登場し、最近のサイバー犯罪と「誰がやったのか」への注目について語りました。

続きを読む

セキュリティホールを塞ぐことに集中し、犯人探しにはこだわらない

有名なランサムウェアの攻撃が頻繁に行われるようになり、米政権は責任の所在を明らかにすることを重視しています。問題は、その理由です。このような大規模な攻撃の場合、その巧妙さは他の攻撃よりもはるかに優れています。

続きを読む

サイバーセキュリティ – 何百万ドルもの費用が必要なのか?

先日、LinkedInでこの投稿を見て、思わず笑ってしまいました。笑えるからではなく、いかにも的確な内容だからです。JBSKaseyaColonial Pipelineのような著名な会社のランサムウェア被害が公になったことで、多くの組織が最高のサイバーセキュリティソリューションを手に入れようと飛びついています。

続きを読む

最大のサイバーギャング「REvil」がオフラインに、でもその期間は?

世界は歓喜しています。JBSとKaseyaという史上最大級のランサムウェア攻撃を行ったロシアのサイバーギャングがオフラインになったのです。本当の問題は、どのくらいの期間かということです。多くの人は、アメリカかロシアの政治家によってオフラインにされたと考えています。Kaseyaへの攻撃がアメリカとロシアの政府の間にどれだけの緊張をもたらしたかを考えると、本当かもしれません。ですが、彼らは、おそらく別の名前で戻ってくるでしょう。また、彼らは同じコードの大部分を使い続けるでしょう。REvilが以前Sodinokibiとして知られていて、そのコードの大部分を再利用していたのと似ています。

続きを読む