サポート切れWindows 7を守るセキュリティソフト

MicrosoftによるWindows 7のサポートが2020年1月14日に終了しました。今後使い続けるとウイルス感染などのセキュリティリスクが発生すると報道各社からアナウンスされています。しかし、利用者にとっては、古いOSを使い続けなければならない事情もあります。

古いOSは、悪意ある者によって脆弱性と呼ばれるセキュリティホール(侵入可能方法)が発見されることがあります。これを利用してパソコンを乗っ取り、そのパソコンを踏み台にして別のパソコンを攻撃したり、産業スパイがパソコン内の機密情報を転送し悪用したり、ファイルを暗号化して解除の為に身代金を要求してきたりします。

これはWindowsが高い汎用性によって支えられているため、自由に様々なことが可能であることの裏返しです。しかし、こうした汎用性をすべて禁止し、「認可されていないことは一切させない」というセキュリティ方式があります。ホワイトリスト方式と呼ばれるものです。

昔からあるホワイトリスト方式は、パソコンへ一切新しいものを活動させない方式で、柔軟性に乏しいものでしたが、PC Matic,Incは、グローバル・ホワイトリスト方式という柔軟性に富んだ新しい方式を生み出しました。これは、世界中で生まれるアプリケーションを事前監査し、善良と判断されたアプリケーションのみを起動可能とさせる新方式です。

この仕組みにより、PC Maticは、Windows XP(個人版のみ)、Windows Vista(個人版、法人版)~Windows 10に至るまでマイクロソフトがサポートを終了したOSのセキュリティを実現しました。

PC Maticは、日本における製造業、医療関係で古いOSがコントローラなどとして機能し、使い続けなければならない状況において強固に守っています。

古いOSを使い続けたいのであれば、PC Maticをご検討ください。
古いOSを守れる理由