メキシコのPemexオイルがランサムウェアで攻撃された

ハッカーがビットコインで500万ドルを要求

メキシコの国営石油企業 Pemex は、石油生産減少と多額の負債で信用格付けが低下してしまう事を防ぐために苦戦してました。そんな中の11月中旬、ランサムウェア攻撃をされました。

ハッカーは企業に「割引期間」を提示し、早めに支払えば要求した565万どるより少ない500万ドルにすると言いました。

影響

ある匿名な情報源によると、メキシコ全土のコンピュータがシャットダウンを余儀なくされ、同社の従業員は電子メールにアクセスできなくなり、財務部門が完全に閉鎖されたという情報があります。

事実は違う

Pemex は、 ランサムウェア攻撃による影響が全体のマシンの5%未満で、影響を受けていないと主張しています。また、「嘘や偽情報を避けましょう」と声明で述べた。

彼らは感染していないマシンをネットワークに再接続し、感染したマシンを完全に 除外しました。Pemexの役人は 除外してもハッカーからの攻撃を長期間抑止できるわけではないと感じています。

下記は2019年でアメリカで発生したランサムウェア攻撃マップです。
かなりの件数がある事がわかります。