セキュリティソフトを軽く動作させるのは大変

  • Pocket
  • LINEで送る

この2,3年で国家諜報機関が作成した標的型ウイルスはますます巧妙になり、犯罪集団や一個人が作成した身代金支払いを要求するランサムウェアが激増という言葉が適切と思われるほど急増しています。ウイルスを作成する関与者と予算が増加していることが背景にあると推測されますが、いままでと同じ人数で脅威の分析をしているセキュリティソフト提供会社のマルウェアリサーチャーにとっては寝る時間も惜しむほどの出来事になっています。

新たな手法(脅威)が開発されるとそれに応じたシグネチャやセキュリティエンジン自身を早急に改定しなければなりません。ありとあらゆる手段を用いてくる悪質な人たちに対処するために、セキュリティソフトのセキュリティエンジンは、未知のウイルスを判別するためのヒューリスティックエンジンを複数装備し、新たに発見される亜種の起動を阻止する必要がでています。

ヒューリスティックエンジンは、未知のウイルスに対処するため、アプリケーションの振る舞いを監視し、悪さを働かす前に防止するのですが、この2,3年で物凄く多くの新種(亜種でない)が開発され、今までにない勢いで配布されているため、セキュリティソフトは、セキュリティエンジン内に搭載しているヒューリスティックエンジンもその数を増やさざるを得ません。

これがパソコンの挙動を遅くしてしまう原因になっています。何しろ、次々に脅威がやってくるため頑張ってたくさんの検査を行っているのですから遅くなって当然です。最新型のパソコンであれば処理能力が毎年進化しているため、毎年や2年おきにパソコンを買い替える人であれば、あまりセキュリティソフトによる延滞にストレスを感じることはないかもしれません。しかし、長くパソコンを使っているひとは、セキュリティソフトに起因してパソコンの動作がとても遅くなり、そのことでストレスを感じているひとは少なくないのではないでしょうか。

これはセキュリティソフトが悪いのではなく、悪さをする人たちが多くいるから問題なのですが、パソコンを毎年買い替えることができるのは、企業か一部の裕福な人たちであって、多くの人は長くパソコンを利用していることでしょう。

PC Maticは、多面的に分析を行う複数のヒューリスティックエンジンの大半をクラウド上に処理を移すことで、パソコンを長く軽快に使い続けられるように設計された次世代エンドポイントセキュリティ製品です。すべてのアプリケーションはクラウド上で事前監査された善良なアプリケーションのみ起動を許可します。ホワイトリスト方式を採用していますが、利用者はホワイトリストへ追加する必要はなく、すべてクラウド上のたくさんのコンピュータでビッグデータ分析やアプリケーションの改版履歴なども含めた新しいヒューリスティックエンジンで分析されています。

PC Maticは、ホワイトリスト方式を採用したことで、パソコンを数年利用することができるセキュリティソフトでもあるのです。またパソコンを永く快適に利用することができるよう、チューニング機能も装備し、経年による性能低下を抑制する仕組みを採用しています。

パソコンの調子が悪くなってきたら、どう対処したらよいかというアドバイスサービスも無償で付帯しており、またパソコンが起動しなくなった場合には、駆けつけ対応サービスも有償で利用することができます。メーカに連絡しても日本語での意思疎通が取れなかった方もいらっしゃるかもしれません。PC Maticなら日本人スタッフがパソコンメーカに変わり、丁寧に問題解決へ対応させていただきます。

  • Pocket
  • LINEで送る