Windows 7から10へアップグレードして、7へロールバックは危険

  • Pocket
  • LINEで送る

Windows 10へアップグレードを推奨するマイクロソフト。WindowsアクションセンターにWindows 10へのアップグレードを促すアイコンがでてきたり、Windows updateにてWindows 10への更新を促すものを見つけると、つい押したくなってしまうもの。しかし、安易に押してWindows 10にアップグレードしてしまうことはとても危険です。

windows-10

Windows 7からWindows 10にアップグレードを行うと、国産パソコンにあるTV機能が利用できなくなります。このテレビ機能が使えなくなったことに気が付き、Windows 7に戻しても、実は以前のWindows 7には完全に戻りません。

Windowsにてアプリケーションを管理するレジストリという機能があるのですが、そこにWindows 10にアップグレードした際に多くの情報が書き込まれ、Windows 7に戻してもその情報の大半が残されたままになってしまっています。このため、パソコンのパフォーマンスが大きく低下します。またそれだけでなく、一部のアプリケーションはWindows 7とWindows 10とで異なるレジストリを書き込むことがあり、Windows 7に戻すると、それら一部のアプリケーションがWindows 10用として認識されたまま動こうとするため、エラーが発生します。

レジストリに起因するエラーは肥大化し、やがてWindowsの動作を不安定にしてしまうお客様が多く見受けられております。Windows 7 => Windows 10 => Windows 7としても完全に元に戻りませんので、Windows 10にしてしまったものの、Window s 7に戻したい場合には、パソコンのリカバリを行い、パソコンを工場出荷状態にしてWindows 7を継続利用されることをお薦め致します。

  • Pocket
  • LINEで送る