パソコンが遅くなる理由(ハードディスク)

  • Pocket
  • LINEで送る

ハードディスクのパフォーマンスを最も左右しているのは、その空き容量です。最低でも50% の空き容量がCドライブにあることをお勧めしています。空き容量が減少してくると、パフォーマンスは劇的に低下します。

ハードディスクのパフォーマンスを最も左右しているのは、ハードディスクの空き容量です。
PC Pitstopは、最低でも50% の空き容量がCドライブにあることをお勧めしています。空き容量が減少してくると、システムパフォーマンスは劇的に低下してきます。
ハードディスクの空き容量が危機的に少ない状態でホームページの閲覧や電子メールを送信しようとすると、驚くほど遅くなっていることに驚かれることでしょう。PC Pitstopは、データのフラグメンテーションレベルが10%を超えないことをお勧めしています。

 

フラグメンテーション

デフラグメンテーションWindows がファイルをハードディスクに記録する際に、時々1つのファイルを複数の分断されたファイルとして記録することがあります。
このようなことが毎日、毎月、毎年どんどん蓄積され、ハードディスクの中は迷宮のようになっていきます。
迷宮状態となっているため、1つの必要なファイルを探し出すために、ハードディスクをものすごい勢いで頑張ってアクセスし、時間をかけてやっと必要なファイルを作り上げることになります。そのアクセス速度の差は60倍にもなります。そうです、これがパソコンを遅くしている最大なる要因なのです。

 

ジャンクファイル

ジャンクファイル必要なファイルは、複数の要因によって作られてきます。
いつか綺麗にしようと思っているWindowsの「ごみ箱」もそのひとつです。ごみ箱のファイルは、多くのハードディスク領域を必要としています。このハードディスク領域を取り戻すために、利用者はごみ箱を空にする必要があります。
また、Windowsとアプリケーションは一時ファイルを様々な状況下で作成します。そして面倒なことに、Windowsやアプリケーションはその一時的なファイルを必要としなくなったのに削除しないことが多くあります。例えば、Internet ExplorerとFirefoxはネットアクセスを高速化するためにファイルを一時保管し、それをキャッシュと呼びます。しかし、特大のキャッシュサイズとなった場合には、ブロードバンド接続の際には逆にネットアクセスにおけるパソコンのパフォーマンスを低下させることになります。

巨大かつ沢山のファイルたち

PC Pitsto巨大なビデオファイルp は、可能な限り不必要な巨大ファイルを削除することを推奨しています。
巨大なファイルで$印がファイル名の前後に付属している拡張子がSYSのシステムファイルは移動させることができませんが、巨大なビデオファイル、高解像度の写真などは、Windowsやアプリケーションが利用するCドライブでなく、外付けHDDなどの別の外部記憶装置に移動しておくと、パソコンのパフォーマンスを最大限に発揮させることができます。そしてそれは、ハードディスク空間を空けるために役立ちます。

 

  • Pocket
  • LINEで送る